男なら誰もが一度は訪れたい、有名ソープ街

まずは歌舞伎町とすすきの

日本三大歓楽街のうち、2つの街が東日本にあります。
そう、みなさんもご存知の東京代表でもある新宿の「歌舞伎町」、そして、北海道は札幌にある「すすきの」です。
東京の歌舞伎町は、おそらく関東近郊にお住まいの方や、東京に観光に来たことのある方なら、誰でも一度は行ったことがあるのではないでしょうか。
駅近なのでアクセスもしやすく、すさまじいお店の数、そしてさまざまなバラエティに富んだお店があります。
大都会なだけに、ちょっと怖いウワサなどを耳にしたことのある方もいるのかもしれませんが、お値段もピンからキリまでと、ちょっと上級者向けかもしれません。
また、北海道のすすきのは遠隔地ながら、歴史のあるソープ街で有名ですよね。
関東の大都会とは違った、リーズナブルな価格設定も人気の秘密。
すすきのでは、女の子が18歳から働けるので、コアなファンが多く集まるようです。
ぜひ、あなたも訪れてみてはいかがでしょうか。

やっぱり中洲

日本三大歓楽街と言われる3つの街のうち、西日本にあるのは1つだけ。
福岡の「中洲」、全国的にも超有名ですよね。
福岡出張の目的地のひとつとも言われるほど、人気がある中洲も全国に根強いファンが多くいる夜の街です。
博多美人という言葉もありますが、福岡には美人が多く、美人の宝庫とも言われています。
そして、福岡のうれしいポイントは女の子がカワイイことだけではなく、ご飯もお酒も美味しいこと。
どの大都市にも負けず夜が長いことでも有名ですよね。
おそろしいことに、楽しすぎて家に帰れない男性が続出しているという話をよく聞きます。
まだ未経験の方は、ぜひ、福岡のソープ街に行ってみてください。
きっと素晴らしい夜遊びが体験できるはずです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top